味付き「こも豆腐」

味付き「こも豆腐」(岐阜県	JAひだ女性連絡協議会)

味付き「こも豆腐」(岐阜県 JAひだ女性連絡協議会)

わらを編んで作ったむしろ「こも」で豆腐を包み、煮たのが「こも豆腐」です。鬆(す)が立ったこも豆腐は、だし汁で煮込むと味が良くしみます。正月や祭礼など人が集まるときのおもてなし料理「ごっつお」として飛騨では親しまれています。

材料

(4人分)
・こも豆腐 4本
・(A)淡口醤油 40cc
・(A)みりん 大さじ2
・(A)だし汁(煮干、昆布) 鍋に入れた豆腐がかぶるくらいの量

作り方

1 豆腐を5分ほど下ゆでする。
2 Aを煮たたさせた鍋に、こも豆腐を入れ、中火でことこと10分煮る。
3 味をしみ込ませるために鍋から出さず、煮汁に半日ほど漬けておく。

感想・メッセージ

煮干と昆布でだしをとったら、、、
その昆布の上にこも豆腐をのせて煮ると、昆布から旨みが出て、鍋底に豆腐がくっつくのも防げます。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【3月16日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト