おせちに彩りを添える「錦たまご」

錦たまご(岐阜県	JAひだ女性連絡協議会)

錦たまご(岐阜県 JAひだ女性連絡協議会)

錦たまごの黄身と白身の2色が金と銀にたとえられ、また「2色」は語呂合わせで「錦」となるため、おせち料理に用いられ、今では年中使われます。
そのあでやかな色合いで飛騨のおもてなし料理「ごっつお」に欠かせない一品です。

材料

(4人分)
・固ゆで卵 10個
・(黄身と白身それぞれに)塩 適宜
・(黄身と白身それぞれに)砂糖 大さじ1

作り方

1 ゆで卵を黄身と白身に分ける。
2 フードプロセッサーに白身を入れ、(5秒間)そぼろ状にし、ボウルに移してから塩・砂糖で味を調える。
3 色が混ざらないようフードプロセッサーを洗ってから、黄身・塩・砂糖を入れ、そぼろ状にする。
4 型に白身を入れて押さえながら、平らにする。その上に空気が入らないよう気をつけながら黄身を重ね平らにする。
5 蒸し器で5分蒸す。
6 冷めたら型から外し、食べやすい大きさに切り分ける。

感想・メッセージ

フードプロセッサーでなく、裏ごしすると、滑らかな仕上がりになります。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【3月16日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト