内緒で食べる「ないしょもち」

ないしょもち(三重県	JA多気郡女性部奥伊勢支部)

ないしょもち(三重県 JA多気郡女性部奥伊勢支部)

春に摘んだよもぎを湯がいて刻み冷凍しておくと年中よもぎ餅が楽しめる。杵で餅つきをすると音がして、餅をついている事が知れ渡り、おすそ分けをしなくてはいけないので、音のたたない棒でつつきながらこっそりよもぎ餅を作って内緒で食べた。

材料

(4人分)
・もち米 210g
・米 90g
・水 2合分
・冷凍よもぎを軽く絞ったもの 60g
・餡(つぶ・こし どちらでも) 360g
・きな粉 適量
・塩 少々
・アルミケース 12枚

作り方

1 もち米は6時間ぐらい前にかして水に浸けておく。米は普通にかす。
2 (1)に塩を入れ、水を控えめにして炊く。
3 炊きあがったら、よもぎを入れ、すりこぎなどで叩き、粒が残る程度につぶす(つぶしすぎないように半づきにする)。
4 餡を包み楕円に形作る。
5 きな粉をまぶし、アルミケースに入れる。

感想・メッセージ

簡単にできるので、おうちでも内緒でお試しください!

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【3月16日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト