そのまま食べてもグリルで炙ってもおいしい にしんずし

にしんずし(福井県	JA敦賀美方女性部)

にしんずし(福井県 JA敦賀美方女性部)

港町・敦賀では、北海道から北前船によって昆布やニシンが運ばれてきた。北の海の幸は、地元の人たちの知恵により保存食としてアレンジされ、今に伝えられている。ニシンのすしは、敦賀祭はもちろん、正月に欠かせないおめでたい料理のひとつ。夏に仕込んで、秋に食べ頃を迎え、手軽に栄養を取ることができる。

材料

(4人分)
・ダイコン 2本(2㎏)3日間干してから、3日間塩漬けする。
・ニンジン 2本
・身欠きニシン 500g
・麹 500g
・みりん 1/2カップ
・薄口しょうゆ 1/2カップ
・酒 1/2カップ
・鷹の爪(トウガラシ) 適宜

作り方

1 ダイコンは干して、3%の塩で漬けておく。重石はダイコンの2倍程度。
2 ニシンは糠(ぬか)を入れた水に一晩浸けて、柔らかくする。
3 ニシンはきれいに洗って、2つから3つに切る。
4 ダイコンは長さ10cm、厚さ1cmくらいの短冊切りにする。
5 ニンジンは厚さ1cmの斜め切りにする。
6 ダイコンとニシンを交互に漬けていく。一段目の半分にニシン、残り半分にダイコンを並べる。次の段はニシンの上にダイコン、ダイコンの上にニシンをのせて漬けていく。
7 ダイコンとニシンを並べたら、麹、鷹の爪、みりん、薄口しょうゆ、酒をかける。(繰り返し)
8 重石(材料と同量)をしっかりして保存する。

感想・メッセージ

ニシンをあげるときは、重石を取らずに中の出汁を他の器にうつす。片づけるときは、重石をしてから出汁を入れる。最後まで同じ重石をかける。ニシンの皮を上にしておくとふにゃふにゃにならない。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【3月16日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト