お正月の定番!お雑煮

お雑煮(石川県 JA松任女性の会)

お雑煮(石川県 JA松任女性の会)

餅は古くから、お祝いの日等、特別な「ハレの日」に食べる物でした。神様に供えた餅や野菜を煮込み、元旦に食べたのがお雑煮の始まりと されています。旧年の収穫や無事に感謝し、新年の豊作や家内安全を  祈る、正月三が日の祝い膳には欠くことのできない料理です。
具材や餅の形、味付け等、日本全国様々なものがあり、お雑煮でその  土地柄を感じることができます。

材料

(4人分)
・餅 5カップ
・水 1枚
・だし昆布 小さじ2
・粉末鰹だし 小さじ1
・塩 小さじ1
・しょうゆ 80g
・ねぎ 10個

作り方

1 鍋に水とだし昆布を入れておきます。ねぎは10cmに切り、縦に6等分に切ります。
2 昆布がもどったら火にかけ、煮立ったら鰹だし、塩、しょうゆ、餅を入れて弱火で煮ます。
3 餅が柔らかくなる少し前にねぎを加えます。
4 ねぎにさっと火をとおし、お椀に盛り付けます。
Point! ねぎのしゃきしゃき食感を楽しむため、あまり火をとおし過ぎないのがポイントです。

感想・メッセージ

今回は、金沢風のシンプルなお雑煮を作りました。参加者からは、具材がお餅とねぎだけだからこそ、素材やおだしの味を楽しめて良いとの声がありました。また、広報誌に掲載したところ、うちでは他にもこんな具材を入れている等、様々な感想をいただくことができました。お正月にはぜひ作ってみてください。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【3月16日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト