神祭りの行事食 かけやぁ(かけあえ)

かけやぁ(かけあえ)(佐賀県 JAさがみどり地区嬉野女性部)

かけやぁ(かけあえ)(佐賀県 JAさがみどり地区嬉野女性部)

かけやぁは、大根・にんじん・魚を用いた酢みそ料理です。昔から神祭りの行事食で、伝統料理として今もよく作られています。
「さば」の最もおいしい季節は神祭りの頃で、たん白源としてよく利用されています。

材料

・大根 280g
・にんじん 80g
・しめさば 120g
・さとう 大さじ2
・酢 大さじ3
・みそ 40g
・ごま 大さじ3

作り方

1 大根・にんじんはそぎ切り、それぞれ別のボールに入れて塩でもむ。しめさばは、ひと口大に切る。
2 ごまはよくいり、すり鉢でする。これにみそ・さとう・酢を加え、よくすり合わせる。
3 大根・にんじんはふきんに包んでかたくしぼり、水けを切る。
4 (2)の中に、しめさばと(3)を入れ、味を調えなじませる。

感想・メッセージ

しめさばの代わりに、いかやゆかけクジラなどでも良い。
酢みそのなかに、柚子こしょうや生姜などいれても良い。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【3月16日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト