お祝いの日は蒸した赤飯で!

赤飯(佐賀県 JAさが 神埼地区女性部)

赤飯(佐賀県 JAさが 神埼地区女性部)

おめでたい時には赤飯でお祝いしたり、お盆やお彼岸のお供えにも作ったりして食べます。

材料

・もち米 3.5合(約500g)
・小豆 1/3合(約50g)
・水 1リットル
・栗 適量
【しと】
・豆の茹で汁 300cc
・あら塩 小さじ1(5g)

作り方

1 もち米を洗いザルに上げて水をきっておく。
2 小豆を洗い、水からゆでる。
3 豆がゆっくり踊る位の火加減で沸騰してから20~30分茹でる。豆は乾燥しないようにしておく。
4 煮えたら豆と煮汁を分け、冷ました煮汁から300ccをとり、塩を混ぜて【しと】を作り、別にとっておく。
5 残りの茹で汁を(1)のもち米に入れ一晩おく。
6 水きりしたもち米と小豆、皮をむいた栗を混ぜ合わせ蒸し器で15分強火で蒸す。
7 蒸し器からもち米をボウルに空け【しと】を回しかけ小豆が割れないように混ぜる。
8 再度、蒸し器に入れて強火で20分ほど蒸す。

感想・メッセージ

お祭りや家族のお祝い、記念日などのお祝いの日には手作りの赤飯でお祝いしてあげましょう。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【3月16日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト