小麦粉で作る手作り麺の「だご汁」

だご汁(佐賀県 JAさが 白石地区女性部)

だご汁(佐賀県 JAさが 白石地区女性部)

麦作の盛んな佐賀県では、主食が無い時の代用品として食べられた。昔、唯一の動物性タンパク質である鯨、ネギ、小麦粉を練り上げた素朴な麺が入った具だくさんの汁物。来客のもてなしや、慶事の席で食され、農家では田植え・稲刈り時の間食や夜食にもなっていた。(だんごの形は地域によって違う)

材料

(4人分)
・大根 120g
・人参 40g
・ゴボウ 40g
・椎茸 3枚
・玉葱 半分
・鯨(鶏肉でもOK) 100g
・だし汁(いりこ) 3カップ
・小ネギ 適量 
・醤油 少々
・小麦粉 200g
・7%塩水 適量

作り方

1 小麦粉は塩水で耳たぶ位の柔らかさに練って、ラップに包みしばらく寝かせる。
2 鯨はお湯をかけ油抜きし、小さく切っておく。野菜はささがきに切る。玉葱、椎茸はうすき切り。
3 鍋にだし汁を入れ、野菜・鯨を入れひと煮立ちさせる。醤油で味を整える。
4 鍋に、だごをちぎって入れる。ひと煮立ちしたらできあがり。器にもりつけ小ネギを散らす。

感想・メッセージ

味噌あじ、鶏肉のところもあるそうです。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【3月16日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト