鯛の酸物

鯛の酸物(岩手県 JAいわて花巻)

鯛の酸物(岩手県 JAいわて花巻)

晴れの行事(結婚式・年祝い・孫ぶるまい等)の縁起物です。
腹合せにして盛り付けます。今は冠婚葬祭の行事は自宅で行うことがなくなり、作る機会もなくなってきています。

材料

・大根 4本
・黒豆 2ヶ
・にんじん(細いもの) 5~6本
・ねぎ 1本
・酢だこ 150~200g
・酢 400㏄
・砂糖 2カップ
・塩 少々

作り方

1 大根で鯛の頭・尾・背びれを形づくり、塩水につけしんなりさせておく
2 分量の酢と砂糖を合わせ甘酢をつくっておく
3 (1)の大根の残りを千切りに切り、塩をさっとまぶし、しんなりさせ水で洗い流し、たこも千切りにし甘酢をかけておく
4 にんじんは皮をこそげとり、できるだけ薄い半月切りにし、大・中・小にわけ甘酢をかけておく
5 鯛の形づくりは頭と尾をおき、(3)で腹の部分を形づくり、この上に(4)をうろこにして尾の方から並べていく。ねぎと黒豆で目を作り背びれをおいてできあがり

感想・メッセージ

先人の残してくれた伝承料理を思い出しながら作りました。これからの人達につなげていけたら嬉しいと思います。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【3月16日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト