彩り豊かに新年を迎える「五色の雑煮」

五色の雑煮(島根県 JAしまね女性部)

五色の雑煮(島根県 JAしまね女性部)

以前「秘密のケンミンショー」にも取り上げられた大田地方に伝えられている具だくさんのお雑煮です。同じ島根県内でも地域ごとにお雑煮のバリエーションがあることは大変興味深いことです。一説によると、五色の雑煮の由来も石見銀山の歴史に関係があるとか。お正月のお餅が余りましたら、ぜひこのお雑煮にも挑戦してみてください。

材料

丸餅 8個
錦糸玉子 卵…2個/砂糖12g/塩少々 で作ったものを適量
かまぼこ(大田のストカマが良い) 適量
セリまたは三つ葉(なければ・ホウレンソウ) 適量
岩のり 適量
かつおぶし 適量
出汁 水500ml/出汁昆布10センチ/かつおぶし10gで作る。
出汁の調味料 薄口しょうゆ大さじ1/みりん大さじ1/酒小さじ1

作り方

1 出汁は500mlの水に出汁昆布、かつおぶしを入れ、沸騰直前に昆布を取り出し、かつおぶしは沈んできたら漉して、調味料で味付けする。
2 錦糸卵を作る。
3 セリまたは三つ葉を茹でて、5センチくらいに切る。
4 かまぼこは短冊切りにしておく。
5 餅は、たっぷりの水を沸かし、沸騰したところに入れ、やわらかくなるまで煮る。
6 (5)の餅を椀に入れ、上に五色の具材(錦糸玉子、かまぼこ、セリまたは三つ葉、岩のり、かつおぶし)を盛り付け、たっぷりの出汁をかける。
Point! 餅を煮る時は、鍋の底に白菜の葉を1枚敷くと鍋にくっつかない。
Point! 出汁をとる時、昆布は沸騰前に引き上げると、おいしく、濁りのない出汁になる。
Point! 五色の具材はお好みの量で。

感想・メッセージ

新年を祝うごちそうとして、お雑煮は欠かせません。正月の帰省客もふるさとの味で新年を迎えるとホッとすることでしょう。
それぞれの地域の味を大切にしていきたいですね。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【3月16日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト