えにょばの山菜おこわ

山菜おこわ(島根県 JAしまねやすぎ女性部)

山菜おこわ(島根県 JAしまねやすぎ女性部)

『えにょば』とは出雲弁で『いい女』という意味です。
私たち女性部が秋祭りや収穫祭で販売し、毎回好評を頂いています。
1回蒸した後、つけ汁に浸けてもう1度蒸すので冷めても硬くなりません。

材料

もち米 1升
にんじん 3/4本
ごぼう 3/4本
干し椎茸 30g
山菜(塩出ししたもの) 250g
鶏もも肉(小間切れ) 150g
(A)
砂糖 大さじ3
濃口しょうゆ 大さじ3
薄口しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ3
大さじ1
大さじ3
だし汁(椎茸の戻し汁も含む) 1.5L
(B)
だし汁 1L
砂糖 大さじ3
濃口しょうゆ 大さじ3
薄口しょうゆ 大さじ2
みりん 大さじ3
大さじ3
大さじ1

作り方

1 米を洗い浸水しておく。
2 干し椎茸を戻し、スライスする。人参はいちょう切り・ゴボウはささがきにする。山菜は3~4cmくらいの長さに切る。
3 鍋に鶏もも肉を入れ酒(分量外)で炒める。色が変わったら、人参・ゴボウ・椎茸を入れて軽く混ぜ合わせる。
4 (3)に(A)を入れ蓋をしてしばらく煮る。全体的に火が通ったら山菜を加え再度煮る。山菜に火が通ったら火を止める。
5 別の鍋に(B)を入れ煮立たせ、つけ汁を作っておく。
6 蒸し器にお湯を沸かし、湯気が上がったら水で濡らし固く絞った蒸し布にもち米を入れ、蒸す。
7 蒸し上がったら(6)のもち米を蒸し布ごと(5)の漬け汁に浸ける。
8 蒸し器に戻し、もち米の上に(4)の具材をのせて再度蒸し上げる蒸しすぎると粘っこくなるので注意する。
9 全体的に混ぜ合わせたら出来上がり。

感想・メッセージ

JAの秋のイベントで販売すると午前中には売り切れてしまうほど
大人気です。冷凍も出来るのでたくさん作っておくと便利です。
炊飯器で炊きおこわも出来ます!

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【3月16日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト