松江に伝わるふるさと料理(いただき)

いただき(島根県 JAしまねくにびき女性部)

いただき(島根県 JAしまねくにびき女性部)

 油揚げの中に、米や野菜を詰め、だし汁でゆっくり炊き上げた郷土料理です。弓浜半島から伝わり、八束町でも古くからふるさとの味として親しまれています。運動会や特別な行事があった時に各家庭で作られ、近所に振る舞われました。
 三角揚げが大山の形に似ているので「いただき」という名称になったという説や、昔はお米が貴重だったため、近所の方から「もらう」ではなく「頂く」という感謝の気持ちがそのまま「いただき」という名称になったという説もあります。

材料

200g(冬 一昼夜・夏 3時間、水に浸しておく)  
三角揚げ 5枚
500cc
干しシイタケ 中2枚
ゴボウ 中1本
ニンジン 小1本
(A)
こんぶだしの素 5g
しょうゆ 60cc
40cc
みりん 40cc
砂糖(三温糖) 80g
少々
あじの煮干 4尾
鍋の底へ敷くさつまいも 1~2本

作り方

1 三角揚げの一辺を切り、中をくりぬき(中身は取っておく)熱湯で油抜きをする。
2 干しシイタケは水で戻し、小さくみじん切りにする。ゴボウは細いささがきにし、水に放してアクを抜く。ニンジンもささがきにする。
3 揚げの中にくりぬいた中身と水を切った米、(2)を混ぜ合わせ詰め、口を楊枝で止める。
4 煮干しでだしをとる。大きめの鍋に出し汁とAの調味料を入れよく混ぜる。鍋底にさつまいもの輪切りを敷き詰め、(3)の揚げを入れる。
5 おとしぶたをして中火で20~30分炊く。半分に切り、器に盛り出来上がり。
Point! 揚げはうす揚げより厚いものの方が味わい深くおいしく召し上がれます。揚げに具を詰め過ぎないことがポイントです。焦げ付きやすいので、さつま芋の輪切りをなべ底に敷き詰めます。さつま芋に味がしみておいしく召し上がれます。だしをとったこんぶを敷いてもOKです。

感想・メッセージ

中に詰める具や味付け、調理方法は各家庭で違いがあり、おふくろの味として受け継がれてきました。お母さんが一つひとつに心を込めて作ります。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【3月16日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト