ふるさとの祭りを思い出す角寿司

角寿司(島根県 JAしまねいわみ中央女性部)

角寿司(島根県 JAしまねいわみ中央女性部)

秋の祭りには、祭り膳をつくりその1品には必ず角寿司が入っていました。
すし飯の中には、ゴボウや椎茸人参を刻んだものを炊いて入れ、必ず入る具材として、煮豆が入るのが特徴です。
四角の木枠の中に寿司飯を入れて押し固めるもの。お祝事にも作ります。

材料

4合
適量 
出し昆布 10cm角 
大さじ5
小さじ1
砂糖 大さじ2
ゴボウ 60g
人参 40g
干し椎茸 10g 
砂糖 大さじ2/3
しょうゆ 大さじ1
みりん 大さじ2/3
だし汁 1カップ
★寿司の上に飾るもの
甘く煮た金時豆 4個~8個
薄焼き卵 小さくひし形に切ったもの
人参の葉かパセリ 少々
さくらデンプ 少々

作り方

1 米はといでざるに上げておく。
2 干し椎茸は、水でもどしておく。
3 ゴボウ、ニンジンはささがきにする。干し椎茸は薄切りにしておく。すしの中入れる具材なので細かく切る。切った具材は、だし汁1カップで煮て、砂糖・醤油・みりんで味付けする。
4 酒・だし昆布をいれ米を炊き、合わせ酢で寿司飯を作る。
5 軽く丸めたすし飯を木枠の半分くらいまで入れ、具材と金時豆を入れをその上に寿司飯を平らにならす。
6 木枠から押し出した寿司のうえに金時豆、薄焼き卵・人参の葉・桜デンプを飾る。
Point! 木枠にきちんとすし飯を入れないと形がきれいに出来上がらない。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【3月16日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト