香ばしい豆煎り番茶を使ったおこわめし

茶めし(福井県 JA越前たけふ)

茶めし(福井県 JA越前たけふ)

お茶を使ったごはんは、もともとは奈良・京都の僧から伝わったとも言われています。その昔、宿場町だった今庄に立ち寄った僧から教えられ、茶がゆや茶めしを食べる文化が根付いたという説もあるそうです。

材料

(20人分)
うるち米 4合
もち米 6合
大豆(あれば青豆) 1合
豆煎り番茶 1500cc
しょう油 100cc
150cc

作り方

1 うるち米・もち米は洗い、ザルにあげ、水切りをしておく。
2 大豆はフライパンで弱火または中火でゆっくり炒る。
3 ガス釜の中に、(2)の大豆と、沸騰した豆煎り番茶を入れる。
4 (3)のガス釜に、(1)の米、しょう油、酒を入れて炊く。
5 ガス釜のスイッチが上がったら、20分蒸らす。

感想・メッセージ

大豆より甘みのある青豆を使うのが昔ながらの作り方です。今庄地区ではお通夜や仏事、報恩講の膳に欠かせない一品。今ではお祭りなどさまざまな行事で赤飯の代わりとして食されています。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【3月16日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト