いなり寿司と鮪・しゃけの押し寿司

いなり寿司と鮪・しゃけの押し寿司(京都府 JA京都市女性部)

いなり寿司と鮪・しゃけの押し寿司(京都府 JA京都市女性部)

京都ではお祭りや祝い事など、ハレの日のごちそうとしてお寿司を作ります。いなり寿司や、押し寿司は見た目も華やかで、欠かせないものです。

材料

・米 3合
・(A)
  酢 76cc
  塩 10g
  砂糖 66g
  味の素 少々
☆いなり寿司
・油あげ 20枚
・(B)
  出し汁 150cc
  砂糖 大さじ2杯半
  だし醤油 小さじ2杯
  薄口醤油 小さじ1杯
  酒 大さじ1杯
  みりん 小さじ2杯
  黒ごま 少々
☆押し寿司
・青じそ 20枚
・鮭フレーク 適量
・鮪フレーク 適量

作り方

☆酢飯
(1)お米を3合とぎ、10分程ザルにあげてから炊飯器にセットする
(2)炊き上がったら少し蒸らし、寿司桶にあげる
(3)Aをいれて、ご飯を切るように杓文字で混ぜる
☆いなり寿司
(1)油あげに熱湯をかけて油ぬきをする
(2)鍋に油あげとB入れて10分煮含める
(3)油あげは正方形のものは三角に、長方形のものは半分に切る
(4)切口を開けて少し汁気を絞る
(5)酢飯に黒ゴマを少々入れて混ぜておく
(6)油あげに酢飯を軽く握って油あげの中に入れ、下
(7)両側から閉じ、美しい三角形に整える
俵型も同様につくる
☆押し寿司
(1)押し型に酢飯を軽く半分入れて押さえる
(2)その上に青じその千切りをちらす
(3)酢飯を入れて軽くおさえ、鮭・鮪のフレークを上に乗せて押す
(4)押し型に切り目があるので、押した上板を取り切り型から抜きお皿に盛る

感想・メッセージ

いなり寿司は油あげの裏を使って作っても見た目に変化がつきます。押し寿司はフレークを使用することで、手軽に作ることができるのもポイントです!

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【3月16日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト