収穫のお祝い

くりこもち(宮城県 女性部角田地区)

くりこもち(宮城県 女性部角田地区)

栗の粉をまぶした餅。重陽 (ちょうよう) の節句に作った。

材料

もち米 4合
砂糖 120g
少々
栗(皮なし) 400g

作り方

1 前日の夜に、もち米を水に浸しておく。
2 (1)の水を捨て、水を切ったら蒸してつく
3 栗は、川をつけたまま蒸すか茹でて半分に切り中身をスプーンなどでくり抜く。
4 砂糖、塩を(3)に入れて木べらなどで潰しながらしっとりするまで混ぜ合わせる。(栗の粒は残っても構わない)
5 もちを食べやすい大きさにちぎり、(4)のあんで包む。

感想・メッセージ

もちとして食べても美味しいが、おはぎとして食べても美味しいです。また、栗の粒が残っても食感や風味がありとても美味しいです。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【1月25日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト