元祖デコ寿司“きりだめ寿司”

きりだめ寿司(静岡県 JA伊豆の国女性部)

きりだめ寿司(静岡県 JA伊豆の国女性部)

秋祭りや稲刈りの時期、きりだめにスメシを広げ特産品のシイタケ、卵、人参、シーチキンを並べ包丁で切れ目を入れて食べる。
忙しい時期に、手軽に食べられ見た目もきれい。
縁起が悪いけれど、お悔みの際火葬場で食べた。精進料理

材料

3合
シーチキン 1缶
1個
人参 1/2本
ほししいたけ 4枚
3個
砂糖 適量
しょうゆ 適量
適量
スメシ用
・酢 大さじ3と1/2
・砂糖 大さじ3
・塩 小さじ1

作り方

1 炊飯器に米、水を入れて炊飯する。
2 シーチキンは砂糖、塩、卵で炒める。干しシイタケは水で戻し、砂糖、しょうゆ、塩で煮る。人参は千切りにして、塩、砂糖で煮る。卵は砂糖、塩で炒り卵にする。
3 スメシを作り、きりだめに広げ、(2)の具材を並べる。

感想・メッセージ

手軽に作れて見た目も良い。元祖デコ寿司です。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【3月16日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト