シャクシ菜入りたらし焼き

たらし焼き(埼玉県 JAちちぶ女性部)

たらし焼き(埼玉県 JAちちぶ女性部)

秩父地方を中心に、昔、お菓子があまりなかった頃、農作業の合間や おやつに食べた小麦粉料理。生地をたらして焼くから「たらし焼き」と呼ばれるようになったと言われています。「しゃくし菜」は標高が高い秩父地方で、白菜のかわりにつくられてきた。「しゃもじ」に似ていることからしゃくし菜と呼ばれています。

材料

小麦粉 400g
480cc
味噌 40g
しゃくし菜油炒め(漬物) 240g
調味料 適宜
こめ油 大さじ4杯

作り方

1 しゃくし菜漬けは、細かく切り油でいため薄く味をつけます。
2 ボウルに味噌を軽く溶かして、小麦粉とあわせ生地を作ります。
3 (1)を(2)の生地に入れ混ぜ合わせます。
4 フライパンを温め、油を薄くひき、好みの大きさで焼きます。

感想・メッセージ

秩父の特産物しゃくし菜(雪白体菜・せっぱくたいさい)は、主原料が全て県産で、県内で製造しています。秩父の山間部で育った素朴な味とシャキシャキした食感を昔ながらのたらし焼きに入れ味わいます。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【1月25日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト