気仙川の恵、モクズ蟹を丸ごと堪能

カニのふわふわ(岩手県 JAおおふなと女性部)

カニのふわふわ(岩手県 JAおおふなと女性部)

気仙川に生息するモクズ蟹は漁獲権を持つごく限られた人しか獲ることができず、地元でもなかなか手に入らない食材です。
蟹の身や蟹みそが口の中でふわふわと溶けるような食感が名前の由来です。

材料

(1人前)
カニのスープ(丸ごと潰して濾したもの) 200ml
ほうれん草 適宜
木綿豆腐 適宜
うすくち醤油 お好みで
少々
少々

作り方

1 カニのスープを弱火で静かに温める。沸騰させない。(カニが焦げ付かないよう時々ヘラでゆっくり鍋底を擦るようにかき混ぜる、混ぜ過ぎない)
2 豆腐を入れる。
3 醤油、酒、塩で味付けする。
4 プツプツと沸騰の兆しがしてきたらほうれん草を入れる。

感想・メッセージ

蟹汁と言えば大抵、蟹の本体そのものが入っているものですが、殻の中の身まで全て平らげるというわけにはなかなかいかないものです。しかし、カニのふわふわは丸ごと潰して濾したものがベースとなっているので、食べられない部分は除きますが文字通り蟹を丸ごと頂けます。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【1月25日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト