つんきいだご汁

つんきいだご汁(佐賀県 JAさが みどり地区女性部)

つんきいだご汁(佐賀県 JAさが みどり地区女性部)

つんきいだご汁は、塩田町に昔から伝えられてきた郷土料理で小麦粉を主材料として季節の野菜を豊富に使った、味噌仕立ての汁物料理であり、夏から秋にかけてよく作られています。
栄養的にもバランスがよくエネルギー量も高く、主食・主菜を兼ねる料理として家庭でもよく作られてきました。

材料

・小麦粉(中力) 200g
・湯 300cc
・かぼちゃ 130g
・さといも 70g
・じゃがいも 70g
・人参 70g
・なす 70g
・豚肉(くじら) 100g
・ねぎ 30g(4本)
・みそ 80g
・水 1400cc

作り方

1 野菜は皮をむき、それぞれ一口大の乱切りにする。なすは水にさらし、あく抜きをする。豚肉は細かく切る。
2 鍋に水を入れ人参、じゃがいも、さといも、豚肉、かぼちゃの順に入れて煮る。八分とおり煮えたらナスを加えて煮る。
3 ボールに小麦粉を入れ、熱い湯を注いで耳たぶの固さに混ぜる。一口大にちぎり、鍋に落とし入れる。煮立ったらみそを加え、味をととのえる。最後にねぎの小口切りをちらす。
Point! 小麦粉をこるね時は、熱いお湯で、あまりこねすぎない。(粉っぽさが残る程度) 野菜は季節の物を使って(ごぼう、大根等)

感想・メッセージ

塩田町にはいろいろな行事や、それにまつわる料理、遊びなどたくさんあります。特に食生活においては、先人の知恵、言い伝え等見逃せないものがあり、私たちもこれを受け継ぎ、また今の新しい考えや工夫を重ねながら生かしていきたいと思います。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【1月4日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト