お盆やお祭りに食べる料理 おはぎ

おはぎ(石川県 JA加賀女性部)

おはぎ(石川県 JA加賀女性部)

かつて来客のもてなしや田植えの後の寄り合い、子供のおやつ、また法要の際に提供され、今もお祝い事やお祭りの際によく食べられている。

材料

・もち米 1.5合
・水 1.5合よりやや少なめ
・よもぎ(みじん切りしておく) 適量
・粒あん 300g
・きなこ 適量

作り方

1 もち米は洗って1時間位水に浸しておく。標準より水をやや少なめにし、もち米を炊く。
2 炊き上がったら5分以上蒸らして、蓋を開けてさっくり混ぜる。
3 すりこぎ棒で軽くついて半つぶしにする。
4 ついたもち米の半分にみじん切りしたよもぎを混ぜる。
5 粒あんを直径3cmほどに丸め、もち米で包む。きなこをまぶし完成。
Point! もちによもぎを混ぜると柔らかく色鮮やかに仕上がる。

感想・メッセージ

あんを丸めたり大人と子供達も一緒に楽しみながら伝承料理を学ぶことが出来ました。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【3月16日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト