我家の定番!子供も大好き、変わり種茶碗蒸し

茶碗蒸し(熊本県 JA阿蘇女性部)

茶碗蒸し(熊本県 JA阿蘇女性部)

卵液をこす手間を何とか出来ないかと考えたのが、この料理の由来です。冷蔵庫内の残り物もOK。コーヒーカップや、大きな丼などで数名分を一度に作る事も!卵の上にとろけるチーズも合う。正月、誕生日などに作るが、要望があれば、いつでもすぐに作れます。

材料

・山芋 200g
・鶏肉(何でも) 160g
・椎茸 小8個
・三ツ葉 1/3杷
・かまぼこ 1/2本
・卵 4個
・砂糖・醤油・みりん それぞれ少々

作り方

1 山芋は皮をむき、すりおろし、みりん醤油で味付けする。椎茸は水にもどし、石づきを取り、大きいものは2つに切り、砂糖・醤油・みりんで味つけする。
2 肉は何でも良いが、一口大に切り、砂糖・醤油・みりんで味付けする。三ツ葉は洗って3つ切りにする。かまぼこは3ミリぐらいに切る。
3 大きいコーヒーカップを4個準備し、それぞれに、器の底に味付けした山芋を入れ、上に、椎茸・肉・かまぼこ・三ツ葉を入れ、卵を一番上に入れる。
4 蒸し器に4個のコーヒーカップを並べ入れ、カップにはふたをしないで蒸し器のふたをし、卵の黄身に注意しながら半熟で火を止める。

感想・メッセージ

必ず、山芋、椎茸、肉、卵は入れてほしいです。卵は人数分だけ用意して下さい。黄身は半熟で火を止め山芋と混ぜて食べるのがベストです。卵とだしの配合も考えなくてよいので、簡単に出来ると思います。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【3月16日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト