簡単!!わらびもち風の牛乳もち

牛乳もち(岩手県 JA新いわて女性部 松尾支部)

牛乳もち(岩手県 JA新いわて女性部 松尾支部)

来客時のもてなし、食感がやわらかいので子供や老人のおやつにもおすすめです。

材料

・片栗粉 100g
・牛乳 300cc
・粉黒糖 50g
・きな粉 大さじ3
・塩 ひとつまみ

作り方

1 フライパンに片栗粉と牛乳を入れ、ダマにならないようによくかき混ぜてから火を入れる。
2 (1)を菜ばし4本くらいでかき混ぜる。しばらくすると固まってくるので、一つの塊になったら火を止める。
3 (2)を水に入れ、荒熱をとり、一口大にちぎる。
4 粉黒糖にひとつまみの塩を混ぜたものを(3)に振り入れる(もちの余熱で黒糖が溶ける)。
5 器に盛り、最後にきな粉を振りかける。

感想・メッセージ

今回は黒蜜ときな粉で仕上げましたが、砂糖しょう油でからめても良い。(粉黒糖は松尾と友好都市である、沖縄県名護市の物を使用しました。)きっかけは酪農家の女性部員からミルクたっぷり料理として紹介されたものでしたが女性部でわが家の味に取り入れ、伝承会をしました。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【1月4日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト