雫石の重っこ料理 素材からの旨味を引出す

煮しめ(岩手県 JA新いわて女性部 雫石支部)

煮しめ(岩手県 JA新いわて女性部 雫石支部)

お盆の人が多く集まる時に、お重っことか大皿に多くの食材を盛付けると彩りも良く、目で楽しみながら箸も進む一品。
素朴な味わいながら、野菜等にしっかり味がしみ、また消化も良いし口当たりも良く、あきのこない煮物である。

材料

・人参 1本
・焼き豆腐 1枚
・ごぼう 1/2本
・いんげん 12本
・角こんにゃく 1/2枚
・しいたけ 6枚
・油揚げ 1枚
・結び昆布 6ケ(20cm長さ3本)
・がんも 6ケ
・鶏ひき肉 120g(肉団子12ケ)
・鶏軟骨 少々
・ふき 6ケ(20cm×2本)
・だし汁 3カップ
・しょう油 大さじ4強
・みりん 大さじ1/2
・酒 大さじ1/2
・砂糖 小さじ1

作り方

1 昆布の戻し汁でだし汁を作る。かつお節でだし汁をつくる。
2 だし汁に、昆布・砂糖少々加え煮る。しばらくしてから煮えがたい具材から加え煮る。
3 鶏ひき肉に鶏軟骨を細かく刻み、酒・塩コショー・片栗粉大さじ1を混ぜ団子状にまるめる。
4 昆布は3本を縦半分にし6ケの結びにする。こんにゃくはアク抜きし、長三角形に切る。
5 人参・ごぼうは斜め切りにし、フキ・いんげんは食べやすい長さに切る。
6 野菜が柔らかくなったら調味料の半量を加えコトコト煮る。
7 一旦、火を止め、しばらくしてから残りの半量を加え、コトコト煮て味をしみこませる。

感想・メッセージ

お重や大皿に盛り付ける事と、味を良くしみこませるために時間をかけてコトコト煮るので、材料は大きめに切る。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【1月4日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト