サザエの炊き込みごはんを、岩ノリで巻いた海苔巻き

サザエごはんの岩ノリ巻き(島根県 隠岐どうぜん女性部)

サザエごはんの岩ノリ巻き(島根県 隠岐どうぜん女性部)

サザエが5月・6月は禁漁のため、7月より解禁となったサザエを使った炊き込みご飯を冬の日本海で手摘みした貴重な岩ノリで巻きました。  
7月には夏祭りがあり、各家庭でおふくろの味として作られます。

材料

・サザエ 500g(殻付き)
・米 3合
・岩ノリ 4枚
・ごぼう 50g
・人参 50g
・のやき 20g
・うすあげ 20g
・薄口しょうゆ 40cc
・酒 40cc
・和風だしの素 半袋

作り方

1 サザエは殻を割って身を取り出し、尾の部分を取り除き、水で洗い、身の部分を縦に切る
2 ごぼうはささがきで、人参・のやき・うすあげは細かく切る
3 洗った米を炊飯器に入れ、目盛まで水を入れ、薄口しょうゆ、酒、だしの素、(1)、(2)を入れ、全体を混ぜる
4 炊きあがったら、あぶった岩ノリで巻く
Point! 茹でたサザエを使う時は、尾の先を裏ごしして入れると風味が増します。また茹で汁も一緒に入れて炊くとさらに風味が出ます。

感想・メッセージ

ひと昔前は海遊びに行った時、素潜りで採ったサザエをその場で割り、火をおこし、はがまでサザエごはんを炊いて食べていました。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【12月5日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト