十三日ずうしい

十三日ずうしい(長崎県 JA壱岐市女性部)

十三日ずうしい(長崎県 JA壱岐市女性部)

料理の由来:盆の13日仏前に供えるので十三日ずうしいと言う

材料

・餅米 1合
・米 1合
・ささぎ 2合
・かぼちゃ 1/2個
・小麦粉・だんご粉 併せて200g(好みで調整)
・薄口・濃口醤油 適量(好みで調整)

作り方

1 前日にささぎを炊く
2 米ともち米を研いでザルにあげる。かぼちゃは一口大に切る。小麦粉・だんごの粉を混ぜて水でこね、一口大に丸めて茹でる。
3 ささぎ・米・もち米・かぼちゃを圧力鍋に入れて柔らかくなるまで炊いて、好みの味になるよう醤油をいれて炊く。
4 最後に、茹でただんごを入れて混ぜ合わせる。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【12月5日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト