くらげを使った、さっぱりいただける小鉢料理

くらげのごま醤油和え(佐賀県 JAさが みどり地区女性部)

くらげのごま醤油和え(佐賀県 JAさが みどり地区女性部)

鹿島地区では、夏になりくらげが出はじめると、一般家庭で作られる料理です。さっぱりとした美味しさで、自家製のごまとゆずごしょうでさらに美味しくいただけます。

材料

・くらげ 60g
・キュウリ 2本(200g)
・ごま 6~10g
・砂糖 6g
・しょう油 大さじ
・ゆずごしょう 少々(好みで)

作り方

1 くらげをたっぷりの水につけて塩出しする。
2 きゅうりを薄くスライスし、塩少々でもみ、しばらく置いてしんなりさせ、水気をきる。
3 くらげときゅうりを混ぜ合わせ、砂糖・醤油・ごまもいれて混ぜ合わせる。
4 仕上げに、ゆずごしょうを加えるとさらにおいしい。

感想・メッセージ

塩漬けくらげでなく、薄い塩水と一緒に入っているくらげを使用する。(夏の期間限定)

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【12月5日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト