昔から伝わるわが家のばあちゃんの味

干しぐきの煮付け(富山県 JAなんと女性部)

干しぐきの煮付け(富山県 JAなんと女性部)

干しぐきの作り方:秋に収穫した野菜(白菜、しゃくし菜等)を塩漬けする。春に塩漬けした野菜を水から茹でる。茹でた野菜を天日干しする。山菜取りや田植えの時によく食べ、わが家でも大好評です。

材料

・干しぐき(白菜、しゃくし菜) 2株
・砂糖 大さじ1
・醤油 大さじ2
・みりん 大さじ1
・油 少々

作り方

1 干しぐきを熱湯に漬けておく。柔らかくなったら、漬け汁を捨てる。
2 戻したくき(白菜、しゃくし菜等)を3㎝に切り、油で軽く炒め、少量の水を入れて煮る。
3 砂糖、醤油、みりんで味付けし、柔らかくなるまで煮る。
Point! 歯ごたえを残したいときは、煮過ぎないよう注意する。
Point! 甘辛く煮付けゴマ油を少し混ぜ合わせるとおにぎりの具材にも絶品です。

感想・メッセージ

地域の伝統料理をみんなに知ってもらいたい、伝えていきたいと義母と一緒に作りました。今後も、五箇山の郷土食を、子供達や地域の若いお母さん達に伝え、先人の知恵の素晴らしさや手作りの良さを母から習い伝えていきたい。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【10月17日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト