飛騨の特産物「あぶらえ」の風味豊かな五平餅

五平餅(岐阜県 JAひだ女性連絡協議会)

五平餅(岐阜県 JAひだ女性連絡協議会)

 昔、山仕事や炭焼きで山に入る際、安全を祈願して山の神様に、餅を御幣のような形にして捧げたのが由来とされています。飛騨地域の五平餅は、あぶらえ(えごま)をたっぷり使ったタレが特徴です。祭りなどハレの日のごちそうとして欠かせません。

材料

・米 2合
・あぶらえ(えごま) 90g
・砂糖 50g
・醤油 25㏄
・酒 30㏄
・塩 少々

作り方

1 ご飯を普通に炊き、塩少々を振り、ご飯粒が半分くらい残る程度につぶす。
2 ご飯を俵型に丸めて串(割り箸)にさし、平たく形を整える。※ご飯が串から抜け落ちないよう、ご飯を串に押さえつける。
3 ご飯が指につかなくなるまで素焼きする。
4 (4)~(6)はタレのレシピ:あぶらえをフライパンで乾煎りする。
5 パチパチと音がしてきたら、すり鉢で白っぽくなるまでよくする。
6 すったあぶらえに、砂糖・醤油・酒を加えよくする。※味をみて、砂糖や醤油の量を調整する。
7 素焼きした五平餅の全体にタレを塗り、焼く。※焦げやすいので注意する。

感想・メッセージ

タレは、田楽や和え物にも使えます。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【10月17日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト