超簡単!急なお客様にもすぐ作れて便利。

あぶらげめし(福井県 JA福井市)

あぶらげめし(福井県 JA福井市)

「あぶらげ」とは、油あげがなまった言葉です。昔、油あげは貴重なタンパク質であり何よりのごちそうでした。田んぼの用水を掃除する江堀りや、村の作業の後には、竹の皮に包んだ「あぶらげめし」を食べました。地域によっては、分厚くこんがりと焼いた厚揚げを作業のお礼や手土産にしたそうです。

材料

・米 2合
・厚揚げ 1枚
・しめじ 1パック
・醤油 45cc
・砂糖 50g
・ゴマ 少々
・大葉 3、4枚

作り方

1 米は洗って30分間ほど水につけ、先に炊き始める。
2 厚揚げは油抜きをする。半分にそぎ切りし、1口大に切る。
3 醤油と砂糖を煮立て、(2)を入れて、さっと煮る。
4 ご飯がブツブツと音がしたら(炊き上がり20分ほど前が目安)、(3)を入れる。
5 20分ほど蒸らしたら出来上がり。
6 仕上げにゴマと大葉の千切りを散らす。

感想・メッセージ

ごはんの水加減はそのままでいいので、らくちんです。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【12月5日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト