おばちゃんの味を守る山菜おこわ

山菜おこわ

山菜おこわ

私達の地域では、昔、春の田植えになると地主さんが小作人達に「おこわ・おはぎ」などを振る舞う習わしがありました。春の野山で採れた山菜で、自然の素材を活かした「おこわ」を作り、各家庭でおばあちゃんの味を伝承しています。

材料

・もち米 1升
・竹の子 小1本
・人参 小1本
・わらび 200g1束
・みずぶき 200g1束
・砂糖 大さじ4杯
・醤油 大さじ3杯
・水 150㏄
・酒 1カップ

作り方

1 もち米は、あらかじめ全部煮た具材の煮汁に一晩つけておく。もち米を蒸し器に入れ沸騰したら30分蒸し、酒と水を合わせた物をまぶし更に30分蒸す。
Point! 蒸し上がった時に、具材を切るようにして混ぜ合わせる。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【10月17日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト