ソーメンチャンプルー

ソーメンチャンプルー

ソーメンチャンプルー

この料理は、手軽に作れて、特に子供達やお年寄りに人気があります。昔は山原方面(やんばるほうめん)では、赤ちゃんが生まれると、よく「ソーメン・ヌチャーシ」と言ってお互いにソーメンを持ちより、それを料理して祝い、ソーメンを食べて喜び合い親睦を深めたものです。

材料

・ソーメン 5~6束
・シーチキン 1缶
・ねぎ(ニラでも可) 5~6本
・塩 大さじ1
・サラダ油 1/3カップ

作り方

1 ソーメンはたっぷりの湯で茹で、ざるに入れて流水でよくもみ洗いしてから水切りし油少々をまぶしておく。
2 ねぎは細かく刻んでおく。シーチキンは缶を開け、身をほぐしておく。
3 鍋をよく熱しサラダ油を入れ、(2)を察と炒める塩を入れ混ぜたら、(1)を入れ箸でほぐすようにし、全部の具の混ざり具合をみて、塩で味を調える。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【10月17日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト