お盆にみんなで作る夏野菜料理とおにぎりのランチ

ズッキーニボート/玉ねぎとゴーヤのマリネ/きゅうりと海老団子のおすまし/焼きおにぎり/肉味噌おにぎり/リンゴ寒天

ズッキーニボート/玉ねぎとゴーヤのマリネ/きゅうりと海老団子のおすまし/焼きおにぎり/肉味噌おにぎり/リンゴ寒天

毎日暑くて夏バテ気味かと思います。旬の夏野菜と食欲をそそる香ばしい焼きおにぎりを食べて、残暑を乗り切ってほしいです。ワンプレートに盛りつけて、いつもと少し違ったランチを皆さんで、ぜひ。

材料

《(1)ズッキーニボート》
・ズッキーニ 4本
・玉ねぎ(みじん切り) 1/3(65g)
・にんにく(みじん切り) 小1片
・A
  パン粉 大さじ4
  粉チーズ 大さじ2と1/2
  塩・胡椒 少々
・ツナ缶(油漬け) 小2缶
・マヨネーズ 適量
《(2)玉ねぎとゴーヤのマリネ》
・玉ねぎ 1個半
・ゴーヤ 1/4個
・鰹節 適量
・あま酢くん 1/3袋(16g)(Aコープ商品)
《(3)きゅうりと海老団子のおすまし》
・きゅうり 1/3本
・むき海老 100g
・生しいたけ 2個
・A
  塩(海老用) 少々
  片栗粉 大さじ1~2
・だし 4カップ
・塩(すまし用) 適量
・酒(すまし用) 適量
・薄口醤油 適量
《(4)焼きおにぎり》
・白ご飯 1合半分
  和風顆粒だし 少々
  醤油 おおさじ2
  みりん 小さじ2
  ごま油 小さじ2
  ごま 適量
《(5)肉味噌おにぎり》
・白ご飯 1合半分
・合挽肉 60g
・長ネギ 2本
  醤油 大さじ1強
  砂糖 小さじ2
  みりん 小さじ2
  酒 少々
  味噌 小さじ1
・ごま 適量
・サラダ油 適量
《(6)リンゴ寒天》
・棒寒天(1時間浸水) 1本(8g)
・リンゴ 1個(300g)
・A
  砂糖(リンゴ用) 小さじ2
  レモン汁 少々
・塩(塩水用) 適量
・砂糖(寒天用) 80g
・水(寒天用) 400ml

作り方

《(1)ズッキーニボート》
1 ズッキーニを縦半分に切り中身を削り取る。
2 他の具材とAを混ぜた物を(1)に詰める。
3 上に細くマヨネーズを絞りオーブンで焼く。
Point! ズッキーニは緑が薄く残る程度まで削る。削り取ったズッキーニの中身はみじん切りにし(2)に加える。190℃に予熱したオーブンで15分焼き、仕上げに200℃で5分焼く。
《(2)玉ねぎとゴーヤのマリネ》
1 縦薄切り玉ねぎを水にさらし水気を切る。
2 縦薄切りゴーヤを塩揉みしさっと湯がく。
3 ポリ袋に全て入れ軽く揉んで馴染ませる。
Point! ゴーヤは種と綿をきれいに取り除く。玉ねぎとゴーヤをしっかり水切りしておく。
《(3)きゅうりと海老団子のおすまし》
1 きゅうりとしいたけを薄切りしておく。
2 海老とAをたたき団子にして湯がく。
3 だしに(1)(2)を加え、調味料で味を調える。
Point! 海老は包丁でしっかりたたいておく。
《(4)焼きおにぎり》
1 ごはんと調味料とごまを混ぜ合わせる。
2 おにぎりの形に握る。
3 フライパンにシートを引き焼く。
Point! フライパンにクッキングシートをひき中火で焦げ目がつくまで焼く。
《(5)肉味噌おにぎり》
1 フライパンに油を引き合挽肉を炒める。
2 (1)に輪切りのネギと調味料を加え炒める。
3 ゴマを加えたごはんに(2)を詰めて握る。
Point! ネギは薄く輪切りにしておき、水気が飛ぶまで調味料と炒める。
《(6)リンゴ寒天》
1 塩水に漬けた薄切りリンゴをAと煮る。
2 寒天を鍋に入れ水と煮詰め砂糖を加える。
3 リンゴを加えバットに流し冷やし固める。
Point! リンゴは8等分のくし型に切り、3mm程度のいちょう切りにして塩水に漬け、水気をきっておく。寒天は水気を絞り小さくちぎる。
Point! 火加減は中火にし、木べらなどで寒天の塊がなくなり液が透明になるまで煮詰めてから砂糖を加える。バットに流し入れ、あら熱がとれてから冷蔵庫で1時間冷やす。

感想・メッセージ

家族が揃うこの時期にせっかくなので3世代でお料理を楽しんでほしい。混ぜる・詰めるといった簡単な工程もあるので、お子様やお孫様とぜひ一緒に。おにぎりの握り方やお盆の文化についてなど、コミュニケーションをとりながら、楽しく食育について学ぶ機会に。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【10月17日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト