夕顔の餡かけ煮

夕顔の餡かけ煮

夕顔の餡かけ煮

親戚などが大勢集まった時など

材料

・夕顔 500g
・鶏ひき肉(胸) 200g
・干しエビ 1袋(約10g)
・むきエビ(冷凍) 1袋
・中華粉末だし 大さじ2〜3
・片栗粉 少々

作り方

1 むきエビを湯通ししておく。夕顔の皮と種を取り、大きめの一口大に切る。
2 鍋に水(約700cc~800cc)を入れ、粉末だしを入れて夕顔を煮る。
3 夕顔が煮えたら、干しエビ、鶏ひき肉をいれて、ひき肉をそぼろ状にする。むきエビも入れて2~3分煮る。(この時、味見をして塩気が足りないと思ったら、塩少々(分量外)を入れる。)
4 (3)が煮えたら、水溶き片栗粉を入れてとろみをつける。
Point! お鍋ひとつで出来ます!いろどりで茹でた絹さやを添えても。

感想・メッセージ

温かくても、冷たくしても美味しくいただけます。
夕顔を小さく切って、ご飯にかけて中華丼風にしても美味しいです。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【10月17日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト