お祝い・供養の席でのおもてなしの食事

ぬっぺ汁(佐賀県 JAさが中部地区女性部)

ぬっぺ汁(佐賀県 JAさが中部地区女性部)

お祝い・供養などおもてなしをするとき、残り野菜を小さく刻んでぬっぺ汁の材料にします。お祝いの席には「あずき」・供養の席には「花ふ」を汁の上に入れ、おもてなしをする一品料理です。

材料

・ゴボウ 40g
・にんじん 40g
・しいたけ 20g
・れんこん 50g
・さと芋 50g
・さつま芋 50g
・コンニャク 50g
・(祝いの場合)あずき 適量
・(供養の場合)花ふ 2~3個
・調味料 だし汁600cc・うすくち醤油・大さじ1・おろししょうが8g・片栗粉大さじ1・砂糖大さじ2

作り方

1 野菜(ゴボウ、にんじん、しいたけ、れんこん、さと芋、さつま芋)は小さく刻む。コンニャクも小さく切る。あずきは湯がく。
2 ゴボウ・しいたけ・れんこんの硬い材料を先に湯がく。湯がいただし汁の中に残り野菜と調味料を入れ、味が整ったらおろししょうが・片栗粉を入れとろみをつける。
3 ぬっぺ汁をお椀に入れ、祝いの席ではあずき・供養の席では花ふを入れる。

感想・メッセージ

ぬっぺ汁の上にあずき・花ふをのせることにより祝いの席にも
供養の席にもおもてなしができる一品です。少し甘い汁ですが、とろみとしょうががきいた絶品の味です。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【12月5日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト