竹の子を使った春らしいちらし寿司

竹の子のちらし寿司(JAわかやま女性会)

竹の子のちらし寿司(JAわかやま女性会)

古くから“山東のたけのこ”として親しまれ、青果だけでなく水煮缶詰出荷も盛んです。
肌が白く、やわらかいのが自慢。
わかめとの煮物、梅肉和え、天ぷらなど春の香り、味覚を存分に楽しめる食材です。

材料

(5人分)
3カップ
大さじ3杯
昆布 10cm角1枚
竹の子 300g
ちくわ 1本
高野豆腐 1個
にんじん 小1本
えんどう豆 100g
菜の花 少々
3個
紅しょうが 少々
(A)
だし汁 300cc
大さじ2杯
砂糖 大さじ1 1/2杯
薄口しょうゆ 大さじ2杯
(すし酢)
70cc
砂糖 大さじ3杯
小さじ1 1/2杯
わかめ 10g

作り方

1 炊飯器に米、酒、昆布を入れて炊き上げる。
2 酢、砂糖、塩、わかめを混ぜ合わせてすし酢を作り、ご飯と手早く混ぜる。
3 竹の子、ちくわ、高野豆腐は薄切り、にんじんは棒状に切る。
4 (3)に(A)を加え、汁気がなくなるまで煮る。
5 えんどう豆は熱湯で塩ゆでする。
6 菜の花も塩少々の熱湯でゆで、冷水にさらして水気をしぼる。
7 卵は錦糸卵にする。
8 すし飯がほんのり温かいうちに(4)(5)を加えて混ぜ、器に盛って、(6)(7)と紅しょうがを散らす。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【10月17日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト