春の山菜料理

たけのこ寿し(JA津軽みらい女性部みなみ支部)

たけのこ寿し(JA津軽みらい女性部みなみ支部)

細いたけのこ(根曲がり竹)を使った、津軽では保存食として食べられている料理です。春にとれるたけのこですが、びんづめのたけのこを使えば手軽にできます。はじめは少し薄めかな?と思う味付けでつくり、馴染んできたら各家庭の好みに合わせて味を調整して「家庭の味」を探してみてください。

材料

(4人分)
たけのこ(ななめうす切り) 1びん
しょうが(千切り) 1かけ
にんじん(千切り) 40g
にしん(8分乾き程度のもの、ななめぎり) 3~4本入りのパック1つ
唐辛子(輪切り) 適量
イカ(茹でてから輪切り) 1杯
サーモン(5倍酢につけておく) 100g程度
100cc
本みりん 100cc
5倍酢 5倍酢
適量
砂糖 適量
もち米(前日のうちに水にひたしておく) 1合

作り方

1 にしんを酒50cc、みりん50cc、塩少々、5倍酢小さじ1、しょうが1/2に浸し、柔らかくする。
2 たけのこにしょうが1/2、砂糖1つまみ、塩1つまみ、酒50cc、みりん50cc、唐辛子を入れる。
3 もち米は1合に対して500ccの水で柔らかく煮て、10分蒸らす。
4 もち米が冷めたら、にんじん40g、唐辛子、(1)を汁ごと入れてかき混ぜる。
5 (3)のボウルにたけのこ、サーモン、やりいかを入れてかき混ぜる。
6 時間がたつほど味がなじんでくるため、味見をして、味を調整する。
Point! 塩・酢が多く入り、味が濃くなると失敗します。また、水分が多くならないように五倍酢を使うこと、にしんの汁だけを入れることもポイントです。

感想・メッセージ

若い人では初めて食べる人、食べたことはあるけど作ったことはないという方が多く、これを機に作ってみてもらえればと思います。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【10月17日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト