簡単で栄養たっぷりの冷汁

胡瓜と鯛の冷汁(愛媛県 JA越智今治女性部)

胡瓜と鯛の冷汁(愛媛県 JA越智今治女性部)

季節の変わり目や、食欲がないときにのどごしの良い、栄養もとれる料理です。また、農繁期の主婦が手軽に作れる家庭料理です。

材料

(4人分)
・鯛(白身魚) 約400g
・胡瓜 2本
・ゴマ 大さじ3
・味噌 120g
・出し汁 5カップ

作り方

1 魚を焼き、身をほぐす。残りの骨でだし汁をとり、冷やしておく。
2 すり鉢でゴマをすり、味噌を入れてすり合わせ、バーナーで焼く。
3 (2)の中に魚の身を入れてすり合わせ、出し汁を入れる。1カップごとに混ぜ合わせる。
4 胡瓜の千切りを入れ、ご飯にかけて食べる。

感想・メッセージ

梅干しやごま油、山椒などを加えると、一味違った風味になります。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【8月7日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト