お正月くらい、寝て過ごせるようにと

ねごんぼう(滋賀県 JAしが女性協議会)

ねごんぼう(滋賀県 JAしが女性協議会)

 正月料理として作られ、忙しい主婦でもお正月くらいはゆっくりとできるように(寝て過ごせるように)と名付けられたといわれています。
 また、地域によっては、根っこの野菜を使うことからこの名前になったという説や、ごろごろ寝ながらじっくり煮込んだことからこの名前が付いたなどの諸説があります。

材料

(4人分)
・こんにゃく 150g
・大根 400g
・さといも 200g
・にんじん 150g
・ごぼう 150g
・大豆(水煮) 70g
・砂糖 大さじ1と1/2
・しょうゆ 大さじ1
・だし汁 適量

作り方

1 こんにゃくは食べやすい大きさに手でちぎり、軽く茹でる。
2 その他の野菜は一口大に乱切りにする。
3 大豆以外の材料と出し汁(材料がひたひたになる程度)を鍋に入れ、火にかける。
4 最初は強火で煮、沸騰したら弱火にしてじっくり煮込む。(30~40分程度)
5 途中で、水煮大豆と調味料を加えて味を整える。

感想・メッセージ

(1)旨味を効かせた出し汁を使ってじっくり煮込むことで、少ない塩分でも、味のしみ込んだ料理に仕上がります。
(2)根菜類には食物繊維が豊富に含まれ便秘対策にもなり、豊富なカリウムやビタミン類は体を温めたり、むくみの解消にも役立ちます。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【4月19日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト