幸せ感じるわが家のおせち 筑前煮

筑前煮(三重県 JA鳥羽志摩女性部)

筑前煮(三重県 JA鳥羽志摩女性部)

お正月になると、子ども達や親せきの人が集まる
その時に筑前煮を作りみんなで楽しく食べる。

材料

(4人分)
・だしを取ったあとの昆布 2枚
・干ししいたけ 8枚
・ゴボウ 2本
・にんじん 3本
・こんにゃく 2枚
・れんこん(細かいもの) 3節
・鶏もも肉 大1枚
・A(薄口醬油・砂糖・酒) 各大さじ2杯
・B(醬油・みりん) 各大さじ1杯
・だし汁 4カップ
・だし汁(12カップ分)
  昆布(1.5㎝) 3 枚
  削りがつお 45g
  水 3L

作り方

1 大きな鍋に水、ぬれ布巾で拭いた昆布を入れて弱火にかけ、20分ほどで鍋の端が泡立ってくるので昆布を取り出ておく
2 削りがつおを加え、弱火のまま2~3分煮で火を止める。削りがつおが、沈んだらこす。
3 (筑前煮)昆布は縦に4等分して中心で結ぶ。
4 干ししいたけはかぶるくらいの水に30分以上つけてもどし、いしづきを取り除く。食べやすくそぎ切りにする。
5 鶏肉は1口大に切って湯通しする。ゴボウは、皮をこそげて4~5cm長さに切り、水から3~4分下ゆでする。
6 にんじんは7~8mm幅切り梅花人参を作る。
7 こんにゃくは7~8mm幅に切って中央に切り目を入れて、片隅をくぐらせて手網こんにゃくを作り水から2~3分下ゆでする。
8 鍋に(1)(2)(3)(4)(5)とだし汁2と1/2カップを入れ中央にかけ煮たったら火を弱めあくを取りAを入れ20分ほど煮て人参をだす。
9 レンコンは皮をむき7~8mm幅の輪切りし、水にさらし、水けを切る。
10 (6)の具材を鍋の端に寄せて残りのBとだし汁を入れ、レンコンを加えて木べらで混ぜながら3~4分煮る。
11 出来上がったら皿に盛りつける。
Point! 鍋の中で煮込む時、具材をかき混ぜすぎて形を崩さないようする。

感想・メッセージ

昔ながらの味で体に良い。

作っている様子

筑前煮(三重県 JA鳥羽志摩女性部)

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【10月17日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト