子ども達へ伝える鹿児島の郷土料理

がね(鹿児島県 JAそお鹿児島)

がね(鹿児島県 JAそお鹿児島)

鹿児島の郷土料理の代表格で、揚げた姿が「かに」(鹿児島弁でがね)に似ていることからこのように呼ばれている。昔から、正月料理に加えられるとともに、焼酎の肴やお茶漬け、おやつとしても親しまれている。

材料

10~15個分
・さつまいも 中1本(200g)
・小麦粉 100g
・もち米粉 50g
・砂糖 40g
・水 80cc
・塩 少々

作り方

1 さつまいもを太目のせん切りにする。
2 小麦粉、もち米粉、砂糖、水、塩を合わせて衣を作り、(1)とあえる。
3 (2)を食べやすい大きさにまとめ、170度の油で揚げる。

感想・メッセージ

子ども達に、鹿児島の郷土料理を知ってもらうきっかけになりました。伝統的な味を次世代へ繋げることによって、鹿児島の郷土料理が長く引き継がれていって欲しいと思います。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【10月17日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト