伝えていきたい郷土料理の味

かぼちゃのやきもち(青森県 JA十和田おいらせ女性部 おいらせ町支部)

かぼちゃのやきもち(青森県 JA十和田おいらせ女性部 おいらせ町支部)

おいらせ町支部では、毎年行われる当JA秋の農業祭りに「かぼちゃ」を使った料理を出品しています。その中でも「かぼちゃもち」はとても好評で、この料理をおいらせ町の新しい伝承料理として広めることを目標としています。

材料

・だんご粉 1kg
・かぼちゃ 1kg
・グラニュー糖 大さじ4
・水 200cc(かぼちゃを煮る用)
・砂糖 200~250g(好みで加減する)
・塩 大さじ1
・水 約300cc(こねる時に加減しながら)

作り方

1 かぼちゃの皮を残しつつむく。約1cm幅に薄く切ってグラニュー糖を大さじ4かけて水分が出たら水200ccを加え、煮崩れしない程度に煮る。
2 粗熱がとれたら砂糖、塩、水、だんご粉を加えて混ぜ合わせ、かぼちゃのかたちが残るようにこねる。粉っぽさがなくなったらお好みの量でまとめ、ラップで包む。
3 お好みの厚さで切り、ホットプレート又は、フライパンで少し多めの油で焦げ目が付くように弱火でじっくり焼く。

感想・メッセージ

今回は町内の元JA女性部の先輩方2名から作り方を教えていただきました。遠方から来た若い奥様方で、鶏汁を食べたことがなかったという方もいたので、活動を通して地域の「味」を次世代へと繋げていきたいです。

かぼちゃのやきもち(青森県 JA十和田おいらせ女性部 おいらせ町支部)
かぼちゃのやきもち(青森県 JA十和田おいらせ女性部 おいらせ町支部)

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【9月22日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト