お盆のおもてなし料理

いもじ酢もの(佐賀県 JAさが神埼地区女性部)

いもじ酢もの(佐賀県 JAさが神埼地区女性部)

お盆や地方のお祭りなど、お客様を接待するときの、副菜として出されています。暑いときでも、さっぱりとおいしくいただけます。

材料

・みずいも(または、はすいも) 1~2本
・しょうゆ 大さじ1~
・砂糖 20g
・酒 小さじ1
・みりん 小さじ1
・酢 30cc
・しょうが 適量

作り方

1 みずいもはよく洗い、表面の薄皮をむく。
2 鍋に湯を沸かし、好みのかたさになるまで茹で、水にとって冷ます。
3 適当な長さに切り、調味料をあわせて漬け込む。
4 食べる直前におろししょうがをのせる。
Point! みずいもは、少し歯ごたえがあるシャキシャキとした食感のもの、やわらかく茹でたものとお好みで調理してください。また、唐辛子などを加えてもおいしくいただけます。

感想・メッセージ

夏になると食べたくなる一品で、調理される方、または食べる方の好みによって甘さや酸味を調節し、我が家の味として料理され、受け継がれています。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【4月19日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト