お正月の伝統料理

七草粥(佐賀県 中部地区)

七草粥(佐賀県 中部地区)

春の七草料理
 正月七日に粥に入れて、一年の健康と無病息災を願う風習です。
 おせち料理等で、弱った胃腸消化を助け心身も温まる健康食です。

材料

七草粥 4人分
・だし汁
  水 1700cc
  だし昆布 10cm
  かつお節 1パック
・米 1カップ
・七草 1パック
・塩 小さじ1

作り方

1 鍋にだし汁の材料を入れ中火で湯がき、沸騰する直前で止め、だし汁を作り、ザルでこして冷ましておく。
2 土鍋に(1)を8カップと米1カップを入れ、一晩浸す。
3 土鍋を強火にかけ、沸騰したら弱火で1時間以上炊く。
4 (3)の間に、鍋にお湯を沸かし、縦に切れ目を入れた「すずしろ」と「すずな」を入れ、ひと煮立ちさせ、次に残りの七草をいれ、さっと固めにゆでる。
5 ゆであがったら七草を水にとり2分程度さらした後、水を切る。
6 七草をみじん切りにし、軽く絞る。
7 炊き上がった(3)に、塩と七草を入れて混ぜ合わせる。※七草の量はお好みで調節する。
Point! すべて当日作る場合、最低1時間はだし汁に米を浸します。
Point! 七草をゆでる時、塩を入れると鮮やかな色が出ます。
Point! 普通のお鍋や、炊飯器の「おかゆコース」でも作る事が出来ます。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【9月22日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト