お雑煮・おせち料理

お雑煮(高知県 JA南国市女性部)

お雑煮(高知県 JA南国市女性部)

嫁いで40年。嫁いだ時は料理が上手ではなく、姑に伝承されました。根菜類は、角がないようにと丸く調理する、盛りつけは色合いを考えるようにと教えていただきました。

材料

・サトイモ 小3コ
・A
  水 カップ3
  顆粒だし 小さじ1
・ダイコン 40g
・ニンジン 40g
・ハクサイ 100g
・ホウレンソウ 100g
・切り餅 8コ
・B
  水 カップ5
  顆粒だし 小さじ2
  塩 小さじ1/2

作り方

1 サトイモは皮をむいて1㎝幅の輪切りにして、塩でもんでぬめりを取り、流水で洗い、鍋にサトイモとAを入れ、柔らかくなるまで煮る。
2 ダイコン、ニンジンは5mmの輪切り(ダイコンが大きければいちょう切りに)する。
3 ホウレンソウ、ハクサイは4㎝の長さに切っておく。
4 鍋にBと(2)を入れて材料がやわらかくなるまで煮る(アクを取る)。餅とハクサイと(1)を入れ、塩で味を調え、最後にホウレンソウを入れ、お椀に餅を先に入れ、野菜をきれいに盛り、汁をそそぐ。

感想・メッセージ

各家庭にいろいろなお雑煮の味があると思いますが、今回のレシピ作成にあたり、娘に協力してもらい、義母の伝統の味を伝えました。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【10月17日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト