京のはんなりおせち

雑煮・おせち料理・惹しめ(京都府 JA京都中央羽束師支店女性部)

雑煮・おせち料理・惹しめ(京都府 JA京都中央羽束師支店女性部)

「雑煮」八坂神社のをけら火で仕立て、無病息災を願う
白みそ仕立て、丸餅・雑惹大根・金時人参・頭芋で円満・出世などを願う

「おせち」子孫繁栄の数の子・五穀豊穣の田作り・たたきごぽう・無病息災の黒豆・棒鱈・学問成就の伊達巻・キンカン・長寿祈願の菊花蕪(紅白なます)

材料

・雑煮
   海老芋
   金時人参
   大根
   水菜
   昆布出汁
   西京白みそ
  
  
   丸餅
・おせち
 ■棒鱈
   棒鱈
   鰹昆布出汁 150cc
   砂糖 大1/2
   醤油 大3
   味醂 大1+1/2
   酒 100cc
 ■田作り
   ごまめ 100g
   砂糖 大2
   酒 50cc
   醤油 50cc
 ■たたきゴボウ
   ゴボウ
   酢水
   すりごま
   砂糖
   醤油
   出汁
 ■黒豆
   黒豆 200g
   水 300cc
   砂糖 150g
   塩 5g
   醤油 15cc
   重曹 少々
 ■伊達巻
   魚のすり身 
   溶き卵 
   出汁 
   味醂 
   砂糖
 ■金柑
   金柑 500g
   砂暁 300g
   酢 1/2C
 ■菊花蕪
  
   ラッキョウ酢
・煮しめ
   くわい
   海老
   タケノコ
  
   紅白コンニャク
   かまぼこ
   レンコン
   海老芋
   椎茸
   人参
   さやえんどう

作り方

「雑煮」
1 海老芋・金時人参・大根を下茄でし、水菜をさっと熱湯にくぐらせる
2 材料を昆布出汁で5分煮て、西京白みそ・塩・酒で味付けする
3 レンジで柔らかくした丸餅を一煮立ちする。碗に盛り水菜を飾る
「おせち」
棒鱈
1 たっぷりの水で1週間位浸け戻す
2 鰹昆布出汁150cc 砂糖大1/2 醤油大3 味醂大1+1/2 酒100ccで炊く
田作り
1 ごまめ100gを炒る
2 砂糖大2 酒50cc 醤油50ccを煮立てる
3 ごまめを入れ、皿に入れ広げて冷ます
たたきゴボウ
1 ゴボウを洗いたたき、5cmに切り酢水にさらす
2 ゆで、すりごま砂糖醤油出汁であえる
黒豆
1 黒豆200gをさっと洗いざるに上げる
2 水300cc 砂糖150g 塩5g 醤油15cc 重曹少々を火にかけ沸脱したら豆をつけ一晩置く。
3 次の日中火で差し水をして8時間煮て、蓋をしたまま冷ます
伊達巻
1 魚のすり身・溶き卵・出汁を味醂砂糖で味付けし、厚焼きにして熱いうちに巻き簾で形を整える
金柑
1 水に浸けた金柑500gを掃除する
2 砂暁300g 酢1/2Cで蓋をして18分煮て、そのまま冷ます
菊花蕪
1 蕪に1mm幅の切り込みを入れ、ラッキョウ酢を浸々にして浸ける
「煮しめ」
1 くわい・海老・タケノコ・蕗・紅白コンニャク・かまぼこ・レンコン・海老芋・椎茸・人参・さやえんどう

感想・メッセージ

まさか、自分たちで高級料亭にも勝る正月料理を仕上げられるなんて!私たちも満足。
そして、京都ならではの歴史、八坂神社の神火「をけら火」を頂き、この火で雑煮を炊き、神棚の燈明に火をともし、一年の無病息災を祈ること。雑煮の具それぞれに深い意味があること。勉強になりました。今までのご先祖があってこその私たち、という感謝の気持ちがわいてきました。
一年の初め、襟を正して、正月料理をいただきましょう。さあ、 日本中の皆様、一年の計は元旦にあり!いただきます。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【4月19日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト