法事の時の行事食

ぬっぺ(佐賀県 JAさが白石地区女性部)

ぬっぺ(佐賀県 JAさが白石地区女性部)

自宅で法事をするときの行事食の一品である。家にある残った材料を寄せ集めて小さく刻み味を付け、くず粉でとろみを付ける。とろみがついているので、寒い時はとっても暖まる。

材料

・大根 150g
・人参 25g
・ごぼう 20g
・水で戻した椎茸 1枚
・れんこん 100g
・こんにゃく 1/4枚
・さといも 300g
・鶏肉 50g
・ちくわ 適量
・かまぼこ 適量
・手まりふ 適量
・だし汁 200~300cc
・油 適量
・A
  しょうゆ 25cc
  塩 小さじ1/2
  みりん 小さじ1
・B
  水 10cc
  くず粉(又は片栗粉) 10~15g

作り方

1 材料を細かく刻み、油で炒める。
2 だし汁を入れて、煮る。
3 野菜が柔らかくなったらAを入れて、味を整える。
4 最後に、Bを入れてとろみを付けて出来上がり。
Point! 材料の大きさを揃えること。

感想・メッセージ

昨今は、法事を自宅で殆どしなくなったが、残しておきたいおもてなし料理です。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【9月22日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト