太巻き寿司

太巻き寿司(神奈川県 JAはだの女性部)

太巻き寿司(神奈川県 JAはだの女性部)

お祝い事や人寄せの席のおもてなしの華やかな一品として作ります。梅の模様やバラ、チューリップなど様々ありますが、母親が得意とする模様が娘やお嫁さんに引き継がれていくようです。

材料

・すし飯 330g
・厚焼き卵(25×20cm)
  卵 4個
  はんぺん 50g
  砂糖 20g
  みりん・酒 各小さじ1
  塩 少々
・かんぴょう煮
  かんぴょう 20g(もどして25㎝長さに切る)
  しょうゆ・砂糖 各大さじ2
  だし汁 1/2カップ
・にんじん甘煮
  にんじん(1㎝角の棒状) 2本(100g)
  みりん・砂糖 各大さじ1
  塩 少々
  水 にんじんが浸るくらい
・しいたけ甘辛煮
  干ししいたけ 40g(もどして細切り)
  しょうゆ・砂糖・みりん 各大さじ1
  もどし汁 1/2カップ
・高野豆腐含め煮
  高野豆腐 2枚(もどして拍子木切り)
  砂糖 大さじ2
  だし汁 1と1/2カップ
  しょうゆ・塩・酒 各少々
・さやいんげん(塩ゆで) 1本
・焼きのり(横3/4に切ったもの) 1枚

作り方

1 厚焼き卵を作る。材料をすべてミキサー(またはフードプロセッサー)に入れてなめらかにし、卵焼き器に流し入れて両面を焼く。
2 かんぴょう、にんじん、しいたけ、高野豆腐を、それぞれ分量の煮汁で煮る。
3 巻きすの上に焼きのりをおき、すし飯130gをのりしろ2㎝残して広げ、(2)の具とさやいんげんをおいてしっかり巻く。
4 別の巻きすの上に(1)の卵をおき、すし飯200gを広げ、(3)を中心にのせて巻く。形が落ち着いたら食べやすく切り分ける。
Point! すし飯の作り方(5合分)
(1) 米5合は洗って30分以上おき、少しかための水加減をし、昆布10㎝角1枚、酒大さじ1を加えて炊く。
(2) 炊き上がったら、酢・砂糖各1/2カップ、塩大さじ1強を合わせたすし酢を回しかけて切るように混ぜる。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【10月17日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト