さっぱり美味しい郷土料理「やちゃら」

かぶのやちゃら(富山県 JA高岡女性部)

かぶのやちゃら(富山県 JA高岡女性部)

八種類の材料をつかうことから「やちゃら」と名付けられたといわれる。仏事や正月料理などにつくられ、各家庭や季節により材料は様々である。

材料

・かぶ 3ケ
・にんじん 20g
・長いも 30g
・角ふ 2枚
・糸寒天 2g
・昆布 4g
・ゆずの皮 少々
・みかん(缶詰) 1缶
・食塩 少々
・エーコープらっきょう酢

作り方

1 かぶは薄くいちょう切りにし、軽く塩をふってしんなりさせる。にんじん、長いもはいちょう切りにし、ニンジンはさっと湯通しする。
2 角ふ、糸寒天は水でもどし、もどったら食べやすい大きさに切る。ゆずの皮は千切りにする。
3 (1)と(2)をあわせ、エーコープらっきょう酢で和え、最後に昆布とみかんを入れ軽く和える。器に盛り、ゆずを散らす。
Point! 和える材料の水気をよく切ってから、らっきょう酢で和える

感想・メッセージ

八種類も材料をそろえるのは大変だと思われるので、かぶ、にんじん、昆布だけでもおいしくいただけると思います。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【4月19日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト