ふなんこぐい(鮒の昆布巻き)

ふなんこぐい(鮒の昆布巻き)(佐賀県 みどり地区女性部)

ふなんこぐい(鮒の昆布巻き)(佐賀県 みどり地区女性部)

鹿島地方に古くから伝わる冬の保存食。
鮒を生きたまま昆布で巻き、大根などの野菜と煮込む。
鹿島では毎年二十日正月に恵比寿様、大黒様にお供えするために2日間くらいかけて、各家庭で炊かれる。各家庭で味付けも若干異なる。

材料

生きた鮒 600g
大根 1/2本
人参 1/2本
れんこん 適宜
こんにゃく 1/2枚
ごぼう 1/2本
かんぴょう 適宜
味噌 200g
黒砂糖 100g
水あめ 75g
あめがた 適宜
昆布 100g

作り方

1 鍋に湯をわかし味噌をときうすーいみそ汁を作る。(「すめ汁」と呼ぶ)
2 昆布は、洗って半乾きにしておく、大根、ゴボウ、人参、レンコンは大きく輪切りにし、こんにゃくは大きく切っておく
3 生きたままの鮒を昆布一枚で巻いてかんぴょうで結んでおく。(鮒のウロコ、内臓はとらない)
4 大鍋に大根を並べ昆布で巻いた鮒を並べ、ゴボウ、レンコン、こんにゃく、を鮒の上に並べる。
5 ④を水炊きする。(4~5時間)
6 水炊きした鍋に「すめ汁」と黒砂糖、水あめ、あめがたを入れアクを取りながら焦げ付かないように炊く。汁が少なくなったら「すめ汁」を加えながら鮒の骨が柔らかくなるまで2日間ほど炊く、人参は後から入れ1日ほど炊く。
Point! 焦げないように注意する。

このページのトップへ

  • 次代につなげたい伝統食

    【9月22日更新】各地の料理に関係する取り組みをご紹介します。

  • みどりのカーテン
  • JA全国女性大会
  • フレッシュミズ
  • JA全女協instagram

関連サイト